根幹支援室

室方針/委員会方針

基本方針

厳格な組織運営と各種会議・大会への能動的な参画と支援を礎に、より強固な組織の根幹を築き上げ、地域から信頼される組織へと進化し続けよう。

室 長
小山 宙軌

根幹支援室  室方針

 本年、長野青年会議所は創立70周年という大きな節目を迎えます。尊い歴史の中で多くのJayceeがまちの潜在的な魅力を見出し、明るい豊かな社会の実現のために運動を推進してきました。
 我々がこれからもまちの先頭を走り続け時代を牽引していくためには、世界中の同志をはじめ、先達に対し全メンバーが改めて感謝と敬意を表すための機会を創出するとともに、その誇り高きレガシーをまちに伝播させることで、我々にしかない独自性をより一層高める必要があります。そして、脈々と継承され続けた「襷」を後世へ繋いでいくためにも、常に時代の潮流を的確に読み取り、このまちの資源や活力を全メンバーと共にに思索することは必要不可欠です。若者にしかできない情熱と信念をもって長野青年会議所が向かうべき方向性を示し、さらなるまちの発展のための確かなビジョンを創造します。
 先達の築き上げた輝かしい実績に対する敬愛の心を伝え、赫々たる未来に向けてすべての人を導ける伝導者として専心してまいります。

委員長
山崎 義明

総務渉外委員会  委員会方針

 長野青年会議所が誇る組織運営と出向文化は先達から受け継がれてきた組織を支える財産です。しかし近年は、厳格な組織運営を行う上で、組織の根幹を築くべきメンバーにおける当事者意識の希薄さが顕在化され課題となっています。同様に、出向者への支援や渉外活動に対するメンバーの熱量に偏りがあり、成長への機会を活かしきれていないのが現状です。
 当委員会は、総会や理事会に対するメンバーの義務と権利を訴えると共に、規律の遵守を徹底することでガバナンス強化を図り厳格な組織運営を行います。また、意欲的に挑戦している出向者に寄り添い、その活動での想いと魅力をLOMに伝える架け橋となり、率先して出向者を支援します。そして、渉外活動の参加意義を全メンバーに伝播することで、新たな知見を得ると共に同志との絆を深める唯一無二の機会を提供し、我々の運動における推進力を高めます。
 全メンバーが組織運営の根幹を理解し、青年会議所だからこそ得られる経験を重ねることで、今まで以上に持続可能かつ推進力の高い運動の基盤を構築すべく邁進します。